パチンコCR牙狼シリーズ(金色になれ、牙狼FINAL、魔戒閃騎鋼XX、RED REQUIEM、赤甘、陰我消滅の日、初代ガロ)など歴代のCR牙狼シリーズの 各演出の信頼度(期待度)、出現率、勝率などをもとに、打ったときの感想を書いたブログです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のCR牙狼 魔戒閃騎鋼XXが打ち手の投資に拍車をかけているのが、

やはり出玉の量とラウンド消化のスピードでしょう。

出玉量は2000発で、新魔戒RUSH中に連を重ねれば

2000発の倍々計算になります。

そしてラウンド消化のスピードは実際に体感してみればわかりますが、

昨今のドル箱に入る玉の量は2000発弱のホールがほとんどだと思いますので、

16ラウンド分の出玉でドル箱以上の出玉となり、店員さんを呼ぶのが忙しくなります。

まぁ16R消化が約2分、新魔戒RUSH中の145回転を約6分半から7分で消化

されるそうなので、連チャンさえ重ねれば、あっという間に出玉の山を築けます。

この量と速さというところが、投資が増えても短時間でペイもしくはプラスに転じることが

可能だという考えを起こさせるのでしょう。

人間、取り戻したり逆転したということは、いつまでも覚えています。

それに比べて、逆に悪いことは忘れるという便利な頭になっています。

まぁ、いつまでも悪いことを覚えていれば辛いですからね(笑)

きっとそのように神様?がしたのでしょう。

現在では、CR牙狼 魔戒閃騎鋼XXはホールでは人気の機種であり、

入れ替わり立ち替わりで席について満席状態です。

ですからホールも打ち手の投資が多く入れば出玉を出すこともできますし、

出玉を出すことによって、さらなる集客ができます。

人気機種に関しては、ホール主導といった感じでしょうか。

ホール内の人気機種や休日、そしてイベントなどでは

人も多いですが、やはり平日や人気機種ではない機種などは、

人も少ないというのが実情です。

今後の集客のための出玉放出のためにも、しっかり回収するところは

キチンとしないといけないでしょう。

ですから、CR牙狼 魔戒閃騎鋼XXなどの人気機種は出玉が出る出ないの

両極端な面を持っていると思うので、

打ち手のほうも気をつけないといけませんね。




タイトル予告298
演出の出来がイイだけに投資も多くなってしまいがち・・・



にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
ポチッ↑としていただけると、ボクのの励みになります。
今後とも牙狼マニア~GARO(ガロ)~の応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

関連タグ : CR牙狼, 魔戒閃騎鋼XX, 魔戒閃騎鋼, 仕様, スペック, 出玉, 消化, 16R,

パチンコの機種によって、限界の出玉というものは、

おおよそ決まっていると思います。

それは仕様というものに準じているのと、

ホールの扱いや打ち手の投資額によっても

大きく変わってくるのが、限界の出玉というものだと考えています。

旧ガロが連チャン数や総出玉が圧倒的に高かったのは、

打ち手(お客)がそれだけお金を旧ガロに落としたからです。

ですから、ホールも連チャンや出玉を出すことができました。

RED REQUIEM~SS(ミドル)でも以前は、

朝から打って大きく投資している人を見かけたものですが、

RED REQUIEM~SSはCR牙狼XXと同数の出玉を出す場合、

大雑把に言っても、CR牙狼XXの倍の連チャン数をしないと、

出玉はCR牙狼XXと同数の出玉になりません。

CR牙狼XXと同じ感覚の投資は、取り返しのつかないリスクを

負う可能性が多分にあります。

CR牙狼XXでは当時、4円等価ホールで出玉5万発オーバーというのは、

結構見かけられたものですが、RED REQUIEM~SSでは、

35000発前後の出玉ではないでしょうか。

それも現在では、極めてわずかな人だけという感じです。

CR牙狼シリーズでは、今回新たに1/199というタイプが

導入されましたが、導入当初は、PRのため、ある程度の

出玉を出すと思いますが、やはり限界の出玉というものが

少しづつ確立していくものと思います。

貸し玉やホール、客着き、客がどれくらいその台に投資するか、

などにも大きく左右すると思いますが、各機種の限界出玉というものを

把握することにより、無駄な投資(現金、出玉)を省ける可能性が

あるかもしれません。CR牙狼シリーズに限らず、他の機種でも

言えると思いますが、限界出玉付近になると、演出や大当りが

チンタラし始め、出たり入ったりや単発が多くなったりします。

しかし、このような傾向は、ある特定の人が打ち続けた場合であり、

また次の人が座って打つと、さらに大当り回数が増えたりします。

ミドル機種での大当り回数50回越えや、デジハネ機種の100回越えの

内訳は複数人から構成されていることが多いと思います。

大当り回数というものは、ある程度の回数まではいってしまいますが、

出玉となるとある程度制限があるように思いますね。





魔戒RUSH4
今後は、100k勝ちは、かなり難しいものになるように思います





にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
クリック↑していただけると、ランキング(順位)に反映して、
牙狼マニアを作成している私の励みになります。
今後とも牙狼マニア~GARO(ガロ)~の応援よろしくお願いします。



拍手ありがとうございます!

関連タグ : 限界出玉, 出玉,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。