パチンコCR牙狼シリーズ(金色になれ、牙狼FINAL、魔戒閃騎鋼XX、RED REQUIEM、赤甘、陰我消滅の日、初代ガロ)など歴代のCR牙狼シリーズの 各演出の信頼度(期待度)、出現率、勝率などをもとに、打ったときの感想を書いたブログです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CR牙狼 RED REQUIEMの実写プロモーション予告だが、

発生パターンが2種類あり、回転開始時のみと、ムービーに発展の

2種類ある。当然ムービー発展のほうが信頼度が高く、

実写プロモーション予告の発生時における64%はムービー発展が

絡んでいるそうだ。

実写プロモーション予告での発生割合は下記の通りである。





【CR牙狼 RED REQUIEM 実写プロモーション予告の発生割合】

回転開始時のみ 51.0%

ムービー発展  49.0%



おおよそ半々の割合でムービー発展をするしないが決まるが、

この半々が勝負の分かれ目なのかもしれない。




実写プロモーション予告321
イマイチ理解していない実写プロモーション予告




にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
クリック↑していただけると、ランキング(順位)に反映して、
牙狼マニアを作成している私の励みになります。
今後とも牙狼マニア~GARO(ガロ)~の応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

関連タグ : 実写プロモーション予告, 発生割合,

CR牙狼でキモともいえる演出が、

1stバトルである。

いくら単発図柄を多く引けても、この1stバトルで

危機回避しなくては、出玉は増えない。

CR牙狼シリーズでも、CR牙狼XXや陰我消滅の日~ZZは、

単発図柄でも仕様に応じた、多少の出玉はあるにせよ、

RED REQUIEMでは、出玉はないに等しい数だ。

それだけに個人的には、もっと単発図柄の大当りを多くしては?

と思うのだが、そうするとそれに付随する演出(魔戒RUSH突入率や連チャン数)に

影響が出るのは理解できます。

まぁなんにしても、単発図柄を引いて、次に待ち構えているのは、

1stバトルであって、この1stバトルの行方によって、

その日の勝敗が大きく左右されるの事実です。

下記がその勝敗を大きく左右するであろう1stバトルの

数字上のデータです。





【クルス1stバトル攻撃別発生割合及び危機回避率】



≪強攻撃 蒼朱螺旋≫

発生割合   33.3%

危機回避率  14.3%



≪中攻撃 乱鏡撃破≫

発生割合   28.6%

危機回避率  44.4%



≪弱攻撃 邪心剣撃≫

発生割合   38.1%

危機回避率  62.5%




以前に、この牙狼マニアで、「ハマリは深いにせよ大当りを引ければ、

魔戒RUSH突入率は高いような感じがする」と書きましたが、

現在でもそのような傾向に若干はあるような感じがします。

上記のデータでクルスの攻撃の発生割合は、

発生割合が高い順に並べると、




・弱攻撃 邪心剣撃

・強攻撃 蒼朱螺旋

・中攻撃 乱鏡撃破




という順番であり、弱攻撃>強攻撃>中攻撃という割合で、

魔戒RUSHに突入期待度の高い弱攻撃の発生割合が高い数字であり、

甘い感じもしますが、机上の数字であり、実際ホールでの数字とは

思っていません。

まぁ肝心な1stバトルですが、公表されている数字上、

中攻撃の乱鏡撃破や弱攻撃の蒼朱螺旋なら演出的に期待できるのかも

しれません。

強攻撃の蒼朱螺旋での魔戒RUSH入りも、ときにはあるのかも

しれませんが、そのような演出は両刃の剣のような演出だと思っています。

やはり、出玉を出す気がある台は、弱攻撃のが頻繁に演出される台だと

思っています。



蒼朱螺旋3
まぁこの画面になると、ガックリですが・・・



にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
クリック↑していただけると、ランキング(順位)に反映して、
牙狼マニアを作成している私の励みになります。
今後とも牙狼マニア~GARO(ガロ)~の応援よろしくお願いします。



拍手ありがとうございます!

関連タグ : 邪心剣撃, 乱鏡撃破, 蒼朱螺旋, クルス, 攻撃, クルスバトル, 強攻撃, 中攻撃, 弱攻撃, 発生割合,

CR牙狼 RED REQUIEMでのFACE OF 牙狼の完成は、

大当りにおける要の演出の一つです。

FACE OF 牙狼の完成なくしても、

実写などの強予告やプレミア演出に助けられて、

大当りを引くこともありますが、確率からすると、

ホントに少ないものでしょう。

自分もそうですが、人というものは役モノ未完成でも大当りを引いたことが

あるとなると、次回も役モノがなくても期待をし、

レアな大当りしたことをいつまでも覚えているものですよね(笑)

しかしながら、記憶にはあっても割合や数字からすると、

まず大当りはしない数字です。

期待をすることも楽しいことですが、期待しすぎるのも、

あとあと少しづつストレスになるかもしれませんので、

早い諦めや、そのような役モノなしの演出が続く場合は、

台やホールの移動も一考かもしれません。

下記は、スーパー発展時の鋼牙から牙狼への鎧召喚ありなしの

出現割合と信頼度です。




【鎧召喚なし】

通常パターン 発生割合 81.1% 信頼度 1.0%

ボタン演出  発生割合  6.9% 信頼度 6.7%




【鎧召喚のみ】

通常パターン 発生割合 12.0% 信頼度 5.8%

ボタン演出  発生割合  出現なし 信頼度 出現なし





上記の数字からみても、FACE OF 牙狼完成なしでは、

いかに大当りが難しいのがわかります。

3疑似連や牙狼SPリーチ確定演出などで牙狼SPリーチには発展するけど、

要のFACE OF 牙狼が完成せず大当りにつながらないなんて台は

危険な感じもします。

というよりは、危険な台は牙狼SPリーチ発展要素である

3疑似連、牙狼SPリーチの発生もないというわかりやすい演出の特徴を

RED REQUIEMは持っているのかな?という見解もあります。

やはりチャンスアップは確実に積み重ねて、大当りを確実に当てられる台が

良いと思います。

パチンコに“惜しい演出”なんてありません。

0か1、当たりかハズレしかありません。

惜しい演出があれば、投資がかさむお客もいれば、

台をあきらめる客もいます。

ホールでRED REQUIEMの出玉や大当り回数が少ないと

打ち手も足が遠のきます。

RED REQUIEMはまだ導入されて間もないので、

まだまだ人気は絶頂なので、出玉と回収の差の高低差が

高い機種です。

RED REQUIEMのシマの出玉PRになるような

存在になれるホールや台、日程選びができればいいですね。




SP発展演出2
FACE OF 牙狼(役モノ)ありきですね~




にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
クリック↑していただけると、ランキング(順位)に反映して、
牙狼マニアを作成している私の励みになります。
今後とも牙狼マニア~GARO(ガロ)~の応援よろしくお願いします。

関連タグ : フェイスオブ牙狼, FACE, OF, 牙狼, , 召還, スーパー発展, 発生割合, 信頼度,

前回のブログで画面切り裂き疑似連予告は、

登場キャラによって期待度が変化すると書きましたが、

下記が、その登場キャラの疑似連別発生割合です。



【初回発生割合】

人 物 :93.4% 

魔戒騎士: 6.0%

竜陣牙狼: 0.5%




【疑似連2回発生割合】

人 物 :96.0% 

魔戒騎士: 3.4%

竜陣牙狼: 0.6%




【疑似連3回発生割合】

魔戒騎士: 83.1%

竜陣牙狼: 16.8%



画面切り裂き疑似連予告鋼牙3
画面切り裂き疑似連予告 鋼牙



この画面切り裂き疑似連予告の登場キャラの発生割合的には、

初回、疑似連2回時まで人物キャラが圧倒的に多い。

基本はこの予告も疑似連3回だと思うが、

登場キャラのみの見解をすると、初回、疑似連2回時に

魔戒騎士及び竜陣牙狼の発生で、疑似連3回や大当りにつながる

ような演出が期待できるのではないだろうか。

先日、初回発生時に烈花が演出され、そのまま2疑似連にいかずに

リーチとなってしまった後に実写の英霊群が演出されて

大当りを引けたということがあったが、

そのあたりは、この予告のトータル出現率の1/385.9という

出現確率の低さから、このような複合演出となる可能性が高いのか?

とか思ってしまった。

新予告だけに、まだまだ奥が深そうな予告ですね。



にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
クリック↑していただけると、ランキング(順位)に反映して、
牙狼マニアを作成している私の励みになります。
今後とも牙狼マニア~GARO(ガロ)~の応援よろしくお願いします。

関連タグ : 画面切り裂き疑似連予告, 疑似連, 登場キャラ, 竜陣牙狼, 魔戒騎士, 発生割合,

CR牙狼 RED REQUIEMの絵本シンクロ疑似連予告には

3種類の絵本がある。



・青絵本(青い炎と黄金の風)

・緑絵本(白い闇と黄金の風)

・赤絵本(赤い鏡と黄金の風)



青、緑、赤の絵本のリーチ成立時の発生割合は次の通りです。



・青絵本(青い炎と黄金の風) 30.8%

・緑絵本(白い闇と黄金の風) 46.3%

・赤絵本(赤い鏡と黄金の風) 22.9%



各絵本の発生割合が違うということは、

当然、理由があります。

それはまた次回!


赤絵本3
赤絵本


にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
クリック↑していただけると、ランキング(順位)に反映して、
牙狼マニアを作成している私の励みになります。
今後とも牙狼マニア~GARO(ガロ)~の応援よろしくお願いします。

関連タグ : 絵本シンクロ疑似連予告, 発生割合,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。