パチンコCR牙狼シリーズ(金色になれ、牙狼FINAL、魔戒閃騎鋼XX、RED REQUIEM、赤甘、陰我消滅の日、初代ガロ)など歴代のCR牙狼シリーズの 各演出の信頼度(期待度)、出現率、勝率などをもとに、打ったときの感想を書いたブログです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CR牙狼 RED REQUIEMでの疑似連大当り占有率の内訳は

下記の通りです。




疑似連        約52.3%

絵本シンクロ疑似連   約7.2%

画面切り裂き疑似連   約4.7%

キバスベリ疑似連    約2.7%

発生なし       約33.1%




このように数字上で疑似連の大当り占有率を見てみると、

通常の疑似連が約半分を占めています。

それに比べて、絵本シンクロ疑似連、画面切り裂き疑似連、

キバスベリ疑似連での大当りは非常に少ない数字となっています。

各疑似連の出現率はわかりませんが、“大当り”になるという面から

みると、やはり通常の疑似連からが大当り占有率が高いので、

期待が持てますね。

その反面、疑似連発生なしの大当り占有率も3割越えということなので、

意外と大当りとなるのは疑似連をしなくても、大当りを引けるものだとも

数字上は見てとれますね。

まぁ当たる台は何でも大当りを引けるってことですかね。


絵本シンクロ疑似連
絵本シンクロ疑似連なんて、モロ疑似連しそうもないんですけど・・・




にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
クリック↑していただけると、ランキング(順位)に反映して、
牙狼マニアを作成している私の励みになります。
今後とも牙狼マニア~GARO(ガロ)~の応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

関連タグ : 疑似連, 大当り, 占有率, 絵本シンクロ疑似連, 画面切り裂き疑似連, キバスベリ疑似連,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。